超期待の「Wowoo(ワォー|Wowbit)」とは?特徴・上場情報などをお届け!|取引所通信

超期待の「Wowoo(ワォー|Wowbit)」とは?特徴・上場情報などをお届け!|取引所通信

今、超期待すべきICOがあります。それは「Wowoo(ワォー|Wowbit)」です。

なぜ超期待なのかを特徴・上場情報などを交えて紹介していきます。

 

 

f:id:trendtrade:20180413190301j:plain

Wowoo(ワォー)とは

 

Wowoo(ワォー)はシンガポールで開発されているプラットフォームで、仮想通貨名は、Wowbit(ワオビット)。

目的は「ひとつの感動で戦争を終わらせることができる。だから、私たちは感動を価値化します」と公表されてます。

「感動の可視化」を実現しようとしているWowooのプロジェクトは仮想通貨のブロックチェーンと非常に相性がいいと言われています。
その理由としては、Wowooが発行するトークンには投票機能がついており、感動的な成果物を提供した人に対して投票の機能を使って感謝の気持ちを表すことが可能だからです。
モナコインのようにわずかなコストで投げ銭を行うことができ、芸術や業績、作品といった経済的な価値をつけにくい分野においても感謝・感動の気持ちを伝えることが可能となります。
この結果、芸術家などが寄付などに依存することなく、作品を作ることで感謝されながらも報酬を得ることが可能になるというモデルケースが生まれる事を期待されています。
つまり、Wowooは人々の善意・芸術的価値・感動に対して、報酬をしっかり受け取ることが可能なプラットフォームを目指しているのです。

 

 

Wowoo(ワォー)特徴

 

Wowooの特徴としては、下記の2点が挙げられます。

  1. 準備金制度
  2. 特別決議機能

上記特徴については後程説明します。

 


Wowoo(ワォー)のロードマップ

 

  • 2018年第1四半期:Wowooトークンセール、システム開発
  • 2018年第2四半期:Wowooシステム開発
  • 2018年第3四半期:Wowooサービス本格リリース
  • 2019年第3四半期:WowooのプラットフォームのAIサービス開始
  • 2019年第4四半期:Wowooエコシステム成長加速

 

Wowoo(ワォー)が超期待な理由

 

Wowoo(ワォー)が超期待な理由としては下記の3つと言えるでしょう。

  1. ロジェー・バー氏がWoowooプロジェクトを絶賛
  2. 国内最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」が出資
  3. NEOの創業者・CEOであるDa Hongfei氏がアドバイザーとして参戦

この中でも超期待できるのは、仮想通貨の神と呼ばれているロジャー・バー氏がWowooの評議会に参加し、このプロジェクトを絶賛したことです。
さらに、ロジャー・バー氏はICOのアドバイザーとして今後のプロジェクトにも参画するそうです。

その他の情報も期待できるものばかりですね。

 

Wowoo(ワォー)ICOはいつ? 

 

WowooのICOは、2018年1月17日の13時からプレトークンセール開始、その後、2018年2月22日13時からトークンセールが始まり、3月2日に終了という予定でしたが、WowooはNEOのプラットフォームに移行するため、それに伴いICOの実施は延期されています。

 

超期待のWowoo(ワォー|Wowbit)まとめ

 

f:id:trendtrade:20180413190328j:plain

いかがでしたか?超期待の理由も納得してくれたと思います。

何といっても、あのロジャー・バーが絶賛したんですから。

絶対間違いないICOだと思います。

皆さんも期待して注目してみてはいかがでしょうか?