取引所口座開設情報|「Xtheta(シータ)」の開設方法・口コミ・評判は?

仮想通貨取引所の口座開設は難しそう、大変そうなど思っている方も多いかと思います。今回はそんな人のために「Xtheta(シータ)」の開設方法・口コミ・評判を書いていきます。

f:id:trendtrade:20180309164633j:plain

取引所口座開設情報|「Xtheta(シータ)」の開設方法・口コミ・評判は?

「Xtheta(シータ)」の開設方法

まずは口座開設前に用意しておいた方が良いものを挙げます。

・提出する本人確認書類と本人が一緒に写っている写真
・本人確認資料(下記のうちいずれか1種類)
運転免許証
パスポート
個人番号カード(マイナンバー)
身体障害者手帳
在留カード
(法人の場合、取引担当者の身分証明書が必要)

 

登録手順

1.メールアドレス(アカウント)を登録する

2.アカウント設定(基本情報の登録)をする
簡単に言うとこれだけです。あまり難しくありませんよね?

アカウント情報の登録が、少し大変ですので次で説明しておきます。

 

アカウント情報登録

①登録の種別と職業を選択します。「個人」か「法人」どちらかのボックスにチェックを入れ、該当する職業を選択。

②個人情報を入力。ここで入力するのは、名前、性別、生年月日、住所、電話番号です。

③必要書類のアップロード。まず、①身分証明書とセルフィ(自撮り)のアップロードを行います。ここでの注意点は、顔がはっきりわかるように本人確認書類と一緒に写っている写真を用意してください。

アップロードは、下記のどれか1種類を選んで提出します。

本人確認書類
・運転免許証+自撮り写真
・パスポート+自撮り写真
・個人番号(マイナンバー)+自撮り写真
身体障害者手帳+自撮り写真
在留カード+自撮り写真

※法人の場合※
法人の履歴事項全部証明書(発行から3ヵ月以内のものに限る)を提出します。

④身分証明書単体のファイルをアップロードします。
⑤【任意】住所確認書類のアップロードします。
※先ほどの本人確認種類と登録住所が異なる場合は、住所確認書類の提出が必要です。

アップロードは、下記のどれかを選んで提出してください。(住所が異ならない人は、ここの項目は飛ばして下さい)

住所確認書類
・住民票の写し
・住民票の記載事項証明書
・印鑑登録証明書
・戸籍謄本・抄本(戸籍の附票の写しが添付されているもの)
・官公庁から発行(発給)された書類

国税地方税の領収書、社会保険料の領収書、公共料金の領収書

⑥(1)外国政府等において重要な公認または親族ではないか?(2)米国納税義務がないか?の当てはまる方にチェックを入れます。

⑦「取引を行う目的」を、表示されている2つの中から選択してチェックを入れます。

⑧すべて問題がなければ「登録」ボタンを押して完了。

せっかくここまで入力しても不備があればエラーとなるので、登録ボタンを押す前によく確認してください。


これで全ての入力が終了です。審査が行われ、問題なければ口座開設完了です。

意外にやって見るとすぐ終わります。口コミでも案外すぐ登録できたという声をよく聞きます。試しに登録してみてはいかがでしょうか?